心象的風景

空虚とリアリズムの

絵とは関係ないが、私は良く自転車で見知らぬ町を旅する夢を見る。

今日も見た。
しかしなぜいつも自転車なのか。
きっと深層意識のレベルで、自転車が好きだからであろう。
チャリンコは停める場所にも困らないし、身体1つでどこでも行けるし、
バス電車のごとく時間にも縛られず、心の向くまま寄り道もできるから好きだ。

夢とはいえ、見知らぬ町並みを行くのは、新鮮さもあるがとても不安である。

目的地はどこだったか忘れたが(確か北関東を目指していた)、やみくもに漕いでいて、
さすがに道を間違えているかもしれないという不安がよぎった。
だので、セブンイレブンに立ち寄り、地図を買おうと試みた。

しかし県内マップしか置いておらず、関東エリア全域のが欲しかったのに、無かった。

地図はあきらめ、人に尋ねても土地勘のある人が全然おらず、難儀した。

しかたなくやみくもに走ると、いつの間にか神奈川県に来ており(無茶苦茶…)、狼狽した。

私は「いや、神奈川県といっても、東京都との県境らへんだから、まだ大丈夫だ」などと、
意味のわからない理由を自らに言い聞かせ、焦る心を静めようとした。

それからは、どでかい、料亭か京町屋のような日本建築の中を自転車で移動したりし、
その中でまたすったもんだがあったような気がしたが、忘れた。


このように自転車ツーリングする夢をよく見ますが、
大半が道に迷っています。
目的地は自分の家や実家だったり、親類の家だったり、買物目的だったりと様々ですが、
帰れたためしが無い。 

まあ、夢なんてのは関連性が無く常に移ろうものなので
完結なんてのはありませんけども、あの不安感というのは実に嫌だ。


↑ブログランキング クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブヤ

Author:ノブヤ
■絵を描く人です。
つまらぬ日常の中、
せめて内より出づる創意を
絵等にしたためています。
お楽しみいただけたら
私はそれで幸せ。
*リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
絵や漫画の感想      絵のお仕事依頼など。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
pixiv投稿作品
twitter
(ツイッターアカウント)
リンク
このブログをリンクに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
access counter