びんぼう骨董買物絵日記



今日は高円寺に行ってリサイクルショップで物色してました。

積まれた印判の皿をひとつひとつ眺めていたら、
こんな変わった皿を見つけました。

ふつう、印判の皿っつーと、
唐草、みじん唐草、幾何学文、草花文、人物文、
はたまた捻り文に亀甲文、青海波文、寿文、七宝文などなど。
あたりまえですが日本的なデザインがふつうです。

しかしこの遠近法で西洋風構図で描かれたアヒルの皿は、
かなり異色といえるかもしれません。

ただし、色のかすれ、印のずれ、間違いなく日本の印判の皿です。
西欧文化が入ってきた明治期ですから、こういう意匠があっても
不思議ではないですね。

器知識が無い現代人から見れば普通の絵皿に映るでしょうが、
色々器を見てきた私にしてみれば、
十分珍なるものなのです。




↑ブログランキング クリックお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブヤ

Author:ノブヤ
■絵を描く人です。
つまらぬ日常の中、
せめて内より出づる創意を
絵等にしたためています。
お楽しみいただけたら
私はそれで幸せ。
*リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
絵や漫画の感想      絵のお仕事依頼など。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
pixiv投稿作品
twitter
(ツイッターアカウント)
リンク
このブログをリンクに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
access counter