びんぼう骨董買物絵日記



今日は休みだったので、高円寺に買物に行きました。

私は骨董好きといっても、
びんぼうが頭に付くほうなので、

あまり何万もするものは買いません、いや、買えません。

ケースに整然と骨董が鎮座ましましてるような、
敷居の高いいわゆる「骨董店」みたいなところへは行かず、

もっぱら雑多な、物がごちゃっとうずたかく積まれていて埃っぽい、
値段も適当で骨董というかリサイクルショップのようなところへよく行く。
そこで自分の気に入ったものを掘り出すスタイルです。


そんなわけで今日、上の二点を買ってきました。

湯呑は、文句を言えばやや絵が綺麗過ぎるのが気になるが、
ねずみ色っぽい褐色の素地に薄い乳白色の釉薬が垂れ、釉のヒビに
ポツポツと雨漏り(経年使用による暗褐色のしみのこと)が生じ、
見事な肌合い。
値段を聞いたら500円とのことなので、即買いでした。

お茶でも良いしコーヒーを飲んでもおいしそうだ。

以前一番お気に入りの織部の珈琲カップを割ってしまい、
以来渋々二軍のマグを登板させていましたが、
これはピッチャー交代なるか。

湯呑なのにピッチャーとはこれ如何に。




黒い漆器の中鉢のほうは、
帰る途中見つけた骨董屋で買いました。
なかなか詫びた佇まいのため、
ひょっとして強面のオヤジがいそうな敷居の高い店か?と一瞬ひるんだが、
そんなことはなかった。
中には犬と人の良さそうなおばさんが居た。

ほんの数百円で安かった。
お釣りがないので小銭でほしいと言われたが小銭がちょっとしかなく、
ある分だけで良いと言われ、更に安くゆずっていただいた。
申し訳ない。

ちなみに、千円の根来の朱塗りの盃があって、欲しかったが
手持ちが無いのでそれはあきらめた。
また行かせていただきます。



↑ブログランキング クリックお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブヤ

Author:ノブヤ
■絵を描く人です。
つまらぬ日常の中、
せめて内より出づる創意を
絵等にしたためています。
お楽しみいただけたら
私はそれで幸せ。
*リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
絵や漫画の感想      絵のお仕事依頼など。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
pixiv投稿作品
twitter
(ツイッターアカウント)
リンク
このブログをリンクに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
access counter