Cats BAR 2



ブログツールで描いた。








わかりづらいかと思うのでばらしてしまいますが、
今日のラベルの元ネタは、
ウイスキーのオーヘントッシャンをもじってみました。

昨日のはちなみにビーフィータージンのパロです。


↑ブログランキング クリックお願いします。
スポンサーサイト

Cats BAR





↑ブログランキング クリックお願いします。

怪獣



某動画サイトで初代ウルトラマンを観ていて、
ついこんなものを描いてしまった。

あの頃の特撮って凄いなぁと思います。
技術こそ今のがすごいんでしょうけど、何というか、
当時の技術で色々工夫して撮ってるのが興味深い。

あと、イデ隊員が良いキャラしている。


↑ブログランキング クリックお願いします。

めがねネコ



ブログの絵描きツールは、落書きにちょうどよいなぁ。



↑ブログランキング クリックお願いします。

日記漫画


















ブログのお絵描きツールでマンガ描いてみた。

利便性も良いが、人情も大切だぁね。



↑ブログランキング クリックお願いします。

らくがき





ブログのお絵描きツールでらくがき。



↑ブログランキング クリックお願いします。

I Love Beer


今年の夏から秋にかけて、色んなビールを飲んできました。
気が付けば、王冠のコレクションがだいぶ増えてきました。

王冠

ずらっと板の上に並べてみました。
全部おいしいのですが、どちらかというと好きなのは、ベルギービールが多いです。
ピルスナータイプよりも、エール系、トラピスト系の濃いめのビールが好きです。
ただし貧乏酒呑みのわたしには、お値段的に常飲できないので、
普段は安くておいしい、ピルスナー系を主に飲んでいます。

王冠

ボックスフレームにごちゃっとまとめています。




↑ブログランキング クリックお願いします。

酒呑み日記 #22

ハービストン オールドエンジンオイル


今日は「ハービストン・オールド・エンジンオイル」を紹介します。

なんと言っても、先ずこの名前に惹かれます。

「古いエンジンオイル」というユニークなネーミングセンス。
ぷーんと機械油の匂いが漂ってくるようです。


イギリスはスコットランドのハービストン醸造所で造られている、
まさにオイルの如く真っ黒なスタウトビール。

王冠とネック部分のラベルには鼠のマークが描かれています。
これが何ともかわいらしい。



黄色いクラシックカーが中央に描かれ、全体的にシックなデザイン。


チョコレートのような甘みや、カカオのような香ばしさがあります。
そこへホップの苦味が混じりあい、
複雑ですがバランスのとれた味わい。
まさしくオイルのようにねっとりと舌にからみつくような、ウマさです。
このビールははスコットランドらしく、ウイスキーの樽で寝かせているんだそうです。
木の樽のエッセンスも味の構成に一役買ってるのでしょうね。

ラベル下部にはVISCOUS.BITTERSWEET.DARKと書かれており、
粘度があり、苦く甘く、黒い
と、味を簡潔に表現しています。
アルコールは6%。

英国で年に一回開催される、WBA(ワールドビアアワード)で
優勝しており、世界中で評価されているみたいです。


ちなみに、
ハービストン創業者のケン・ブルッカーという人は、もとは車の設計士で
フォード社で働いていたのだとか。
このネーミングとデザインも、うなずけます。

ただ、何で鼠なのかが解かりませんが。



↑ブログランキング クリックお願いします。

tiger



ブログの絵描きツールで。


↑ブログランキング クリックお願いします。

水彩

ジャポネスク

簡単更新ですみません。


↑ブログランキング クリックお願いします。

山

新聞紙にアクリル。




↑ブログランキング クリックお願いします。

ほんじつおやすみ。

絵2点

無用の長物
「無用の長物」



無題
(↑画像クリックで大きいサイズで閲覧可)
「無題」




今日はちょっとした小作品を2個アップします。


↑ブログランキング クリックお願いします。

ぺたぺた版画

山
「山」




赤と青
「赤と青」

板に絵の具を塗りつけて、ナイフで掻き落としたり線を描いたり模様をつけ、
上から紙をベタ!と押し当てて転写しています。

私はこれを「ペタペタ版画」と呼んでいます。
他の絵を描いていて絵の具が余ったりすると、これをよくやります。
副産物とでもいいましょうか。
他のものに例えると、天カスや卯の花みたいなもんですな。

偶然の効果が楽しいです。
特に上のは、ほんとに山々のように見えます。
青だけじゃさみしいから、くすんだピンク色の帯を上下にあしらってみた。



↑ブログランキング クリックお願いします。

きのこ形

人間なんやかんや凝ってはみても、行き着くところはシンプルだったりします。
シンプルな形って見ていて疲れないので好きなんで、よく描きます。

最近はキノコ的フォルムにはまっています。

きのこ




きのこ


マルと棒を合わせただけの、シンプルな形。

決してリンガとか金精様とか、そういうアレじゃないです。
偶然そういうふうになっただけです。



↑ブログランキング クリックお願いします。

指で描く

tricycle

「tricycle」




lunchbox
(↑画像クリックで大きいサイズで閲覧可)

「lunchbox」




指描きはここまで。

ラフさが売りのフィンガーペイントも、
続けていくうちにだんだん作為が勝ってきて、
普段筆で描くのと変わらなくなってきます。
頭を軽くリセットしないと穴にはまってしまいます。



↑ブログランキング クリックお願いします。

指で描く

顔

「顔」




道化師

「道化師」




猫絵をはさんで、残りのフィンガーペイントを再アップしていきます。


↑ブログランキング クリックお願いします。

ほんじつおやすみ



いつも見ていただいてありがとうございます。

Cat's BAR



あー、ビールがうまい。



↑ブログランキング クリックお願いします。

指で描く

ひしゃげた太陽
(↑画像クリックで大きいサイズで閲覧可)
「ひしゃげた太陽」




無題

「無題」



フィンガーペイントシリーズまだまだ続きます。




↑ブログランキング クリックお願いします。

指で描く

鳥

「鳥」
途中はニワトリをイメージして描いてましたが、
こんなにクチバシの尖がったニワトリはいませんな。



躍動する朱色

「朱色の躍動」
朱色が好きです。
赤よりも、やや黄みがかった、暖かみのある朱がいいです。


指描きが楽しくてしょうがない。
いくつか描いたので少しづつアップしていきます。



↑ブログランキング クリックお願いします。

CAT’S

たまにはイラストでも描いてみるか、とふと思い、描いてみた。

cats


なんか猫がごちゃっといっぱいいる図を描きたかった。

色々帽子だとか服だとかの色やデザインやら考えて描いたら、
ことのほか楽しかった。

いくつか御馴染みの面々も居ます。


↓一部分のアップ。

部分アップ

たまにはこんなのもおもしろいね。


↑ブログランキング クリックお願いします。

ほんじつこうしんおやすみ



いつも見てくれてありがとうございます。



↑ブログランキング クリックお願いします。

私の器



今日は日本酒を呑もう。
サテきょうはお猪口は何にしようかな、と探していたら、

ずいぶん前に買って全然使っていなかった、金襴手のぐい呑みが出てきた。
金襴手(きんらんで)というのは、磁器の絵付けの技法で、
赤呉須などの地に金泥で描き、針などで掻き落として文様を描く方法です。

桐箱入りで、400円くらいだった。
リサイクル雑貨屋で掘り出したもの。
双魚と網が、格子で囲われて互い違いに配されております。


ふと、箱書きの「金襴手 ぐいのみ 珀子」というのを見て、
この作家はどういう人なんだろうと、興味が湧いた。


ググってみたら、大正生まれの女性作家のものだということが解かった。
小野珀子という方で、主に金襴手を得意とした作家だったそうです。

よくよく見てみれば、ゆったりとした女性らしい絵付けに見えなくも無い。

絵の線は強弱があってキリッとした筆運びではなく、
マーカーで描いたような一定の太さのポッテリとした線で、
ほのぼのとした素朴な表現で、好きだ。



こういうふうに、自分の眼で見つけて買ったものを調べてみるのも楽しい。
ちなみにヤフオクで新品が売られていて、
5000円くらいでした。

安く買っちゃってごめんなさい。大切に使わせてもらいます。



↑ブログランキング クリックお願いします。

mountain

山

先日グラファイトペンシルという、鉛筆全体が鉛筆の芯みたいなのを買ってきた。

なかなか描き心地がなめらかで、良い感じ。
紙にためし落書きしてたら、山の絵ができました。

アニメーションの背景に使えるかな、と思っていたのですが、
アニメのイメージが浮かばず、使う機会が無かった。
なので単品でアップします。



↑ブログランキング クリックお願いします。

フィンガーペイント

みみずく

「みみずく」




花たち

「花たち」




夏の名残

「夏の名残」
3日前くらい前窓の外から、今年最後かと思われるセミの声を聴いた。
その後日、外の空気が冷たくなってきた。


今週のフィンガーペイント、これでおしまい。




 絵を描くエネルギーの源泉は、快楽的描画衝動と、怒りと、不安の3つにあります。
その中の「怒り」について書いてみる。

私の頭の中の片隅には常に、頑固者の排他的な愚痴っぽいオッサンがいて、
自分の至高とするものと、世俗とのギャップに、常に反骨の怒りを燃やしている。
マイノリティよがりの文句タレに終始している。テレビを見てても文句ばかり。
なかなか新しい世界を受け入れようとしない頑なさは、
頑固だし、思考停止してるんじゃないかとさえ思う。

でも、そんなエッセンスが私的創造表現の一端を担ってもいるし、決して
その頑固さはネガティブなものだけに起因しているのではなく、
ポジティブな頑固さでもあると思うのです。

…少々言い訳っぽいですが。




↑ブログランキング クリックお願いします。



指描きシリーズ

黙して語らず

「黙して語らず」




しめじ

「しめじ」




フィンガーペインティングです。
ケナフクロッキー紙にアクリルガッシュと鉛筆・コンテなど。

やはり大きいサイズはスキャンできないのがくやしいので、
A4のクロッキー帳買ってきた。


指で描くのってとても楽しいです。
道具を介さず直に塗りつけるダイレクトな感覚が何とも原始的で、
俺、描いてるな~!という気がする。

私みたいに頭でっかちな人間には、案外こうした表現が向いているのかもしれない。

何点か描いたので明日もアップします。


↑ブログランキング クリックお願いします。

ペイントはええで。

今日はペイントで描いた落書きをアップしやす。

タワー

三日月を重ねたよーなデザイン。



イグアナ

イグアナ。



プリミティブなリズム

アフリカの壁画かアボリジニの絵画のような感じのらくがき。

妻に「こういう包み紙が欲しい」と言われました。
そこに着想を得、壁紙パターンにしてみましたよ。



プリミティブ壁紙

うむ、思ってたより、はまってる。
民族手芸って感じだ。





↑ブログランキング クリックお願いします。

酒呑み日記 #21

メーカーズマーク

酒シリーズです。今回はPhotoShopで描きました。

今日はケンタッキー・バーボン、
メーカーズマーク・レッドトップ です。

なんと言っても見てくれのインパクトがでかい。
ビンの上からトロ~リと垂れかかった真っ赤な封蝋(ふうろう)が眼を惹きます。

この封蝋は手作業で行なわれているそうで、
一つとして同じ形は無いというのですから驚きです。

形も、首細肩広の、変わったボトルです。


通常バーボンはライ麦やコーンを使用してますが、
このメーカーズマークには冬小麦が使われているそうです。


鼻にツンとくるアルコール臭。
赤みの強い茶色。

口に含むと先ず、ピリッとアルコールの刺激がきます。
スモーキーさの中に、柔らかなまるい風味があります。
ほのかに甘みもあり、心地よいあじわい。
すぐれたバランス。
いい酒です。
ストレートでちびちびやっています。割るのは勿体無い気がする。


ケンタッキー州ロレットの蒸留所で、
昔ながらの製法でコダワリをもって丁寧に造られた、
伝統あるバーボンとのことです。

愛飲されているが故に、現在若干生産が追いついていないらしく、
それでもやり方を曲げることなく同じ味を守っているのだそうです。
そういうのって、素敵ですな。

(それに比べ、やたらに生産性、効率と騒ぐ現代日本社会の軽薄さったら…)


まさに製造者のシルシ、maker's mark 。
作り手の誇りをうかがわせるお酒です。


↑ブログランキング クリックお願いします。

うどんうまうま



今日は妻と買い物に行き、ウドンを食いました。



↑ブログランキング クリックお願いします。
プロフィール

ノブヤ

Author:ノブヤ
■絵を描く人です。
つまらぬ日常の中、
せめて内より出づる創意を
絵等にしたためています。
お楽しみいただけたら
私はそれで幸せ。
*リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
絵や漫画の感想      絵のお仕事依頼など。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
pixiv投稿作品
twitter
(ツイッターアカウント)
リンク
このブログをリンクに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
access counter