スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川べり歩いて一句

今日はお休み。
昼間からビールを飲み、
ツマミを食いながらだらだらしていた。

近頃の休日はだいたいそんな感じになってしまっているので、
休みといえど、体を動かさんと!と思い、
夕方ふと思い立ち、近所の神田川沿いを走ったり歩いたりしてきた。

この川沿いルートは朝夕晩、色んな人と出くわす。
朝、太極拳をやっている爺さん婆さんがいたり、
犬を散歩する人がいたり、
東屋のベンチでだべるおとっつぁん達がいたり、
川の鯉や鴨を眺める人や、
ランニングやウォーキングしてる人が、いる。
毎日変わらぬ光景です。

今日は鷺(さぎ)を見かけた。真白いボディが夕焼けに実に映える。
華麗に飛んできて川に着水し、
長い首をもたげ、長い足で水面上をスイッ、スイッと闊歩していた。

こんな情緒あふるる素敵な神田川ですが、問題があるとすれば、
この時期になると、蚊柱がうっとおしいくらいですかね。

歩きながら一句。
かばしらと さぎのまいたる ゆうかわべ



…ところで、トップ絵とプロフィールを変えてみました。
トップ絵は先日アップした版画の、版木の一部分です。
レリーフのようで面白かったので使ってみました。
プロフ絵は…なげやりな感じにしてみました。





↑ブログランキング クリックお願いします。
スポンサーサイト

neko

何だこの絵は。

描いてみたものの、よくわからん。

何か叫んでるし。






↑ブログランキング クリックお願いします。

無題

無題

PhotoShopで落書き。

スランプからやや脱出しつつあるか。
あんまり考えすぎてこねくりまわしてもつまらんモノになってしまうので、
頭をニュートラルに、ナチュラルにして描いた。
いきあたりばったりくらいがちょうどよい。





↑ブログランキング クリックお願いします。

ペイントで落書き

とらプー

ペイントで描いた落書きを縮小・加工して、
それなりに見れるようにしてみた。
とらプーさんです。


アップするモンが無いので、今日はこんなんですみません。




↑ブログランキング クリックお願いします。

木

今日は仕事で神奈川のほうまで行ってきた。
駅周辺を抜けしばらくバスが走ると、どことなく
故郷の風景にも似た町並みが見え、
ノスタルジーをおぼえた。



こないだのに続き、木を描いてみた。

妻は逆さにこの絵を見て「メロン?」と言っていた。






↑ブログランキング クリックお願いします。

木版画

絵のほうが煮詰まってきてスランプ気味なので、
気分を変えて違うものをつくろうと思い、
ハガキ大の桂の板を彫り彫りしました。

朱

赤っぽい茶色。わりかしうまく摺れた。

茶色

いい飴色。一度黒で摺って薄すぎたので重ね摺りした。
版のズレが良い効果を生んでいる木がする。

淡い茶

これも重ね摺り。ちょっとカスレている。

濃紺

上の三枚はわら半紙だが、
こちらはアラベールというやや厚手の紙。

やはり薄手の紙のほうが絵の具のくっつきも良いし、摺る際の
力のかけかたなど、自由が利きやすい。





↑ブログランキング クリックお願いします。

木

荒いストロークで一本の木をガシガシッと描き上げてみました。


うむ。

簡素で、見ていて気持ちが良い。
肩肘張らず、小難しくなくって、良い。
技術も時間もかけていない(おそらく5分もかかっていない)。

練りに練って、描き込んだ絵もいいけど、こういうのもあってもいいと思う。

小さい子供が描く絵のように、何の衒いも気負いも作為も無く、
ただ描きたくて、手を動かしたくて描いたような、
初期衝動のようなものを紙にたたきつけたが如き、
そんな奔放なものが描きたい、と時折思う。





↑ブログランキング クリックお願いします。

漫画のためのスケッチ

漫画のスケッチ

漫画を描くにあたり、てきとうな紙に何度か
イメージが固まるまでスケッチ(というか落書き)を描いたりします。

今日は、その描き散らかしたスケッチを、一個の画像に集めて
加工してみました。

とは言うものの、私の落書きは絵の上に絵を重ねて描いたりしちゃってるので、
線が被ってないものを選びました。

アップする絵が無いので、こんなもので茶を濁してすみません。

お気づきかもしれませんが、私は銃を描くのがヘタクソです。
この絵のキャラはサブマシンガンのよーなものを持ってますが、すごい適当。
持つところとトリガーと、マガジンがあって、あと、何ていうのか知らないが
撃つとき肩に当てるとこ?があればマシンガンに見えるだろうと、
適当にグジャグジャッとごまかしています。ひどい。
銃とか車とか自転車、バイクなど複雑なものは、流石に資料を見ないとダメです。
まあ、そこまで厳密に描写するほどの漫画でもないですが。





↑ブログランキング クリックお願いします。

日記漫画 4コマ

日記漫画

神社に石段に猫。
あまりにグッドロケーションすぎて、心の中で
「ユー、ナイスショット!」と賞賛しました。

そんな、ほほえましい朝のひとコマを見て、
金環日食が見れなかったことなどは、まあどうでもよくなりました。





↑ブログランキング クリックお願いします。

感謝御礼

たまには朝っぱらから更新してみる。

漫画ですが、pixivにアップした前後編フルバージョンのも含め、
たくさんのコメントやブックマーク、拍手コメをいただき、ありがとうございます。
なにはともあれ、皆様が読んで面白がってくれたので嬉しいです。

ぶらっくですとろいやー

ペイントでブラックデストロイヤー描いてみました。





↑ブログランキング クリックお願いします。

短編漫画「ネコはかせ2」後編

前回のあらすじ

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

後編はほぼバトルシーンでした。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

ニャンダーマンはもともと別個のネタとして考えていて、
アップこそしていませんが、漫画には何度か描いてたりします。
でもそれだけ独立すると、作品としての奥行きが浅いので、
ある時「そうだ、ねこはかせと一緒にしちゃえ」と思い、混ぜ込んだのです。

今回は、けっこう楽しく描けました。
中でも「ペットショップを襲うテロリスト」なんて、我ながらくっだらねぇなぁ、
と思います。w




↑ブログランキング クリックお願いします。

短編漫画 「ネコはかせ2」 前編

top

いんとろでゅーす

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

とぅーびーこんてぃにゅーど

後編は明日アップします。お楽しみに。

今回無駄に表紙に力を入れてみました。水彩です。
しかし今日描き上げたのですが、
漫画の描きすぎで親指が痛い。


↓新しくブログランキングのバナー作ってみました。


クリックお願いします。

ペイントで模写してみた。

バカルディ モヒート

おいしかった。
スッキリ爽やかで、これからの季節に良いですね。

ペイントはwindows初期装備のお絵かきソフトです。
PhotoShopなんかと比べたら、そりゃもう出来ることが格段に少ない
シンプルなものですけども、
でも、ふとしたときにラクガキしてみると、興が乗って描き込んでみたり。
動作も軽いのでPCにあまり負担をかけないし、何だかはまっちゃって、
いかにもカクカクゲジゲジした線が、何かいいなあって思えるようになってきた。
色も自分で好きな色が作れるし。ただパレットが保存できないので、
パレット用の画像を用意して、スポイトツールで逐一選択しています。

ま、なんでも活かし様ですね。

蔦文カップ

蔦文カップ

蔦文様の染付の、カップかタンブラーのやうなもの。

こんなん欲しいなーと思いつつ、描いてみた。

どうせなら画面いっぱい使ってやれ、と思い、
コンテでグリグリッと描いた。

water fall

トートツですが、いつもコメントや拍手コメント、トラックバックなど
ありがとうございます。
拍手コメなどは設定によってはお返事できないものもありますが、
すべてたのしく読ませていただいてます。
創作の糧となっております。
いつも本当にありがとうございます。

では、今日も絵をのせていきます。

落水
「落水」

スタンプ版画に加筆したものです。
先週描いたもの。

さっぱりスッパリした絵です。
淡白ですが、たまにはこんなのも。



ちなみに…
今、漫画を描いてます。

漫画描いてるなう。

数日後アップできるかも。

絵の具も買った。

バーミリオン。

筆と一緒に、絵の具も買っていました。
バーミリオン。

絵の具って、基本色以外にも、こういったお気に入りカラーを
ちょこちょこ集めるのが楽しいです。

ヒューというのはけっこう沢山あります。
コバルトブルーヒューとか、カドミウムレッドヒューとか。
それだけ、鉱物系顔料はお高いのです。

んでもって、絵の具と筆のお試しにと、描いた落書き。

おためし

スキャンするとあんまり色がうまく出ませんが、やはりいい色だ。
面相筆も弾力がありしなやかで、なかなか描き心地が良い。

筆買った。

買ってきた筆。

アクリル絵の具用の筆が欲しくて、
新宿の世界堂へ買い物に行ってきた。

それまで使ってたアクリル用の筆が、もう毛も抜けてバサバサんなっちゃって、
こないだ近所の文房具屋で買ってきた安価な筆も、使ってみたら
あんまし良くない。
だので、思い切って(というほど高いもんじゃないが)ちょっといい筆を買おう!
と、ずっと思っていたのです。

私は日本画や書道用のみたいに、穂先が長く水含みがよく強弱がつけやすい筆が
好きなので、オールマイティに使える日本画用の彩色筆と、
細かい線描き用に面相を、一本づつ買った。

あとは、強いタッチで磨り減りを気にせず描けるように、
安価な豚毛の筆を一本買った。
シンプルな、洋画に用いられるラウンド筆です。

財布と相談しつつ、じっくり見極めて買った。
もう筆コーナー見てるだけで、余裕で時間が過ぎちゃいます。

筆たち。

私が普段使ってる筆です。
左から、アクリル、墨、水彩用です。
左の3つが買ってきたやつ。

たまにはこうして道具について書いてみるのもいいかな。

ちなみに今日の絵はMSペイントで描いて、
PhotoShopで加工してみました。

日記漫画 「 spotted 」

日記漫画

きっと私のカオは、食べたら甘いと思います。





そんな冗談はさておき、バナナって、おいしいけどわりかし
いたみやすいモンですよね。
チョコッとぶっけたぐらいですぐ茶色になるし。

バナナというものは悪くなるのが早いので、まだ青い状態で出荷されるそうです。
 近所のケーキ屋さんに「バナナミルフィーユ」なるものがあって、
おいしいんですけど、あんなに傷みやすいものを加工して
しばらくおいといても大丈夫なんだろうか。気になってしまう。
きっと、長持ちさせる工夫があったりするのであろう。
塩水にリンゴをつける、みたいな感じの裏技が。
パフェにのっけるバナナだって、
茶色ンなってる部分を客に出すわけにはいかないだろうし、
選別されてるのでしょうね、きっと。

ちなみに皆様はあの茶色のとこ、食う派ですか?
私は子供の頃祖母に「食べれるよ、平気だよ」と言われ、
以来、食う派です。
食べ物のありがたさを知っている祖母でしたから、言葉に重みがありました。
いつもバナナの茶色い部分を食べるときは祖母を思い出します。

過去作

自我

けっこう前に描いたものです。
あんまり気に入ってなかったんですが、
妻が「良いじゃん」と言うので、アップしてみる。

水彩画です。

書もどき

無題

文字のような絵。

筆を一気呵成にエイヤッとすべらせ、
ミミズならぬ、ウナギがのたくったようなデザインをつくってみた。

私は絵を描く人だからか、
日常のあらゆる物をデザインとしてとらえ、
その形状を面白がってしまうクセがあります。

ちょっと見方を変えてみると、
書というものも、黒と白が織り成す空間美術だと思ってしまいます。
崩した書なんか見ると、優れた抽象画みたいだな、と思います。

ああ、こんなことを書くと書家文人の方々に怒られそうだ。
ほんとすんません。
ただ、色んな見方をする権利が人にはあって、それは自由と呼ばれるものであり、
見方を変えることにより、人間、嫌いなものも好きに思えたりするもので、
そういうのって素敵だなと思ったりするのであります。
…何言ってるのかよくわかんねえや。

箱絵

箱絵

正方形の木のパネルにアクリルで絵を描いてみました。
この画像だけだとよくわかりませんが、
側面まで描き込んでいるので、半立体のような感じで、
壁にかけると存在感があります。

↓ナナメから見た図。

斜めアングル1

斜めアングル2

昔からこの箱絵シリーズは何個か作りましたが、総じて
個展などではウケが良かったです。

猫・2点

しろいねこ
しろいねこ

猫振返図
猫振り返るの図。
ちょっと足短めでマンチカンみたいになっちゃった。

顔っぽい

船着場にて

休みの日に、窓の外をボケェーッと眺めてて、
ふと、目を閉じてみると、まぶたの裏にイメージが浮かんできた。
それを描いたものです。

珍しい作風ですかね。
画像にカーソルをあわせるとタイトルが表示されますが、
絵の下の、クチに該当すると思われる部分が、船に見えるので、
こういう題になったのです。

ペタペタ版画シリーズ

板に絵の具を塗りつけて紙にペタ!とやるだけの
モノ・プリント作品たちです。


斑点
「黒い斑点」

丸と格子
「丸と格子」

たーんてーぶる
「たーんてーぶる」
 *引っかいて転写したもの。手彩色。


黒い記号
「黒い記号」

雷梯天地にかかる
「雷梯天地にかかる」

細胞
「細胞」
 *妻命名。



以上六つでした。
紙をぬらしてから版にあてると、細い筆の線なども反映させやすいことに気づいた。
まだまだ、色々試せそうです。

赤絵の器に活ける。

なんて花?

妻と買い物に行こうとしてたら、アパートの前の駐車場の入り口に、
ひっそりと可愛らしい花がさいているのを見つけた。

アスファルトの割れ目から雑草にまぎれてスッと伸びていたのを、
ちょいと失敬してきた。

以前リサイクル骨董屋で買った、赤繪の一輪挿しに活けた。

うっすら紫の花弁。器との組み合わせからなる、
赤白緑黄の彩りがなにやらポップだね。

折角なので描いてあげました。

花と一輪挿し

テーマは、気の抜けたタッチ。
この可愛らしい彩りに、多い線は蛇足と判断し、ざっ…くり、とスケッチした。
器の口の線がフニャ、ってなっちゃってても、気にしない。
だってこれはこういう絵だもの。

わら半紙にアクリルです。


ところで、
この花なんて花なんでしょう?

だれかおせーて。

不機嫌な猫

不機嫌な猫

↑画像クリックでちょっと大きいサイズで見れます。

墨絵です。
寝ながらも耳をピンと立てて、周りを警戒してる感じ。


今日は墨絵だのアクリルだのペタペタ版画だの、たくさん小作品を描いた。
おいおいアップしていきます。
小出しにして。

もったいぶって。

早くお見せしたい気持ちをこらえて。

アップする絵のストックが増えたことに安堵しつつ。

それでいて単調な更新にならないよう気をつけようと思いつつ。

皆様の反応を想像しつつ。

ただ、待つ。

無題

無題

こうやってフォトショで落書きをするのは、
半分、手描きのためのエスキース的な役割も兼ねています。

かといっていつも計算で描いているわけではなく、説明しがたいですが、
頭の中に表現の形の素となる、フワフワした形の定まらない
パズルのピースのようなものがいくつも常駐しているような…
そんな感じでしょうか。

日記漫画ミニ

目撃


まさかこんな小さい犬もいないだろうと、よく見てみたらフェレットだった。
プロフィール

ノブヤ

Author:ノブヤ
■絵を描く人です。
つまらぬ日常の中、
せめて内より出づる創意を
絵等にしたためています。
お楽しみいただけたら
私はそれで幸せ。
*リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
絵や漫画の感想      絵のお仕事依頼など。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
pixiv投稿作品
twitter
(ツイッターアカウント)
リンク
このブログをリンクに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
access counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。