rakugaki



pixivのマンガコンテストの締め切りが延びてたみたいです。
震災の影響あってのことだろうか。

前作の落語猫も見てみて思ったが、
私がこの漫画で描きたいものは「人情」だったのかもしれない。
馴染みの女郎の名を語る女に騙され、金を盗られる男は
馬鹿で救いようが無いかもしれないが、
そんなことを抜きにしても、困ってる者にありったけ金をやってしまうのは
愚かではあるものの、人情味の厚い、憎めないキャラクターだと思う。
損得を抜きに何か施しをする、きっぷのいい人物というのはよく落語に出てくるが、
損得利益を第一とする人や会社が多い現代社会に生きる私には
こういった感覚がとても小気味が良く、
自分もかくありたいと思うのです。
スポンサーサイト



今日は簡単更新です。
ハイボールのんで寝る!

ぽぽぽぽーん♪



あのCMソングが頭から離れなくなってしまった。

動画サイトやpixivなどでもあのCMがネタにされていたので、
私も描いてみた。




リアルさよなライオン

sayonalion

描いていたらグインサーガを思い出した。
たまにはこういうネタイラストもいいだろう。

あとがき

瓜

↑実際こんな感じかしら、と思ってPhotoShopで描いた。
 (あたりつき うりうらない 大当り金一両 さしあげ候 青物屋店主 と書いてある)

さっそくのコメントや拍手ボタン、ありがとうございます。
何とかpixivのマンガコンテストにも間に合わせられました(締め切り29日)。

近頃の漫画の主流といえば、商業誌の王道である、戦うファンタジーぽいものや
もしくは萌え系の女の子が出てくるようなのとかでしょう。
おそらくコンテストもそういうのがほとんどじゃないかと思うので、
自分のは異色すぎるので入選するとはちっとも思ってないけども、
折角描いたので多くの人に見て評価してもらいたいし、
落語という世界に誇れる文化をもっと知ってもらいたいという気持ちで描いて、アップした。

しかし、漫画をアップした直後はすごくドキドキする。
今回は長いから、途中で飽きられるのではないか、とか、
pixivの閲覧数の伸びがイマイチだと、
アップする時間帯がちとまずかったかな~、とか、
そんな中ブックマークやコメントがついててすごく嬉しかったりとか、
もうPCの前で一喜一憂しております。

今作も反省点は多い。
次回に活かしたいと思います。

漫画 「落語猫 (瓜占い)」

読み方

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

<補足>

青物屋… 八百屋のこと。

半鐘… 火事を知らせる鐘。

身代(しんだい)… 家や、その人の持つ財産。資産。

一分/一両… 時代により貨幣価値は異なるが、
       一分はだいたい1万円、一両は4、5万円に相当。

身ども(みども)…武士の一人称。他に それがし、拙者 など。
         (拙者はへりくだった言い方)

唐茄子… かぼちゃ。

続きを読む

ラストスパート



漫画のほうは7、8割方描き終わっています。
早ければ明日、アップできるかも…しれません。

昨夜はブログ更新もお休みして、夜なべして8ページほど描いた。
気分がのっているときにたくさん描かなきゃ。

今日は健康診断に行ってきた。
昨晩から、4時に終わるまで何も食べなかったので、
さすがに空腹がこたえた。
血圧は良好とのこと。何だかんだで普段身体動かしてるからかな。
採血したり心電図とったりレントゲンとったりした。
たまにしかできない経験だな。

淡い



ブログのお絵かきエディタで猫を描いた。
今しがた雨がみぞれに変わってました。もう3月後半だというのに。

今日も簡単更新ですみません。

油彩転写

戦車

亀

自転車とねこ

また過去作。
近頃展示終わってから漫画しか描いてないので、
新作の絵が無いので最近は過去作をアップしてます。
この際なので、この技法を使って描いたもので、
過去アップしたものをまとめてみます。

king

嗚呼

捧げる

仮面

飛行機

ついでにこの転写の描き方を載せとこう。
描き方

ただし描いた図柄は左右反対になります。
油絵の具が水彩をはじくので線をつぶさず塗れます。
紙が薄いほど描きやすいです。
手で押さえた跡や無作為にひっついたりした絵の具が味わいになってくれます。

はがきサイズの絵

きまじめな動物

過去作です。
今日は簡単更新ですみません。

描いてます

落語猫

落語猫パート2を今描いていますが、シナリオを気合入れ過ぎたせいか、
以前のものより倍以上のページ数になりそうです。
pixivの漫画コンテストに出すのに上、下編に分けるわけにもいかないし。
早くも後悔し始めてますが、何とか描ききろうと思います。

いも

実家から送られてきた芋をふかして食った。
めちゃくちゃうまかった。
ほのかな甘みが良い。下手なスイーツよりうまい。

<二人展の様子>

三月頭の二人展の様子です。

展示風景

二人展会場は表参道のセレクトショップ「ココアリーフ」さん。
オシャレな海外ブランド物を扱う服屋さんです。
その、窓側のスペースを作家の作品展示用に時折、企画提供しています。

展示風景

展示風景

表裏4枚の布の絵を吊るしました。マルのデザインでそろえてみた。

展示風景

展示風景

あまり壁面が使用できなかったので、四角柱形の什器を使い、
額縁の絵などを平置きで展示してみた。
(もし壁面展示だったら地震でアウトでした。)

展示風景

今回DMに使った蕎麦猪口の絵。
表参道というオシャレな場所に、あえて渋いものを持ってきて
ミスマッチの妙を狙ってみたんですが、まあまあ成功かな?
でもこの絵わりと人気ありました。本物の器に描いてみたら、などと
おっしゃってくれた方もいました。
その他の水彩画なども好評でした。

展示風景

展示風景

アクリルで描いた布絵ですが、ここのお店の方にウケが良かった。
布を扱ってる商売柄でしょうか。
布絵は後日天気の良い日にでもデジカメで撮影してアップしたいと思う。

展示風景

こちらは妻の作品。
アクリルやクレヨンなどの絵をぺたぺた貼って、
ひっくるめてひとつの作品のようなパワーを感じます。
どちらかというと私は色を画面の中で調和させようとするほうですが、
妻のは色味の強さが個々に主張しているようで、
色が眼に飛び込んでくるような印象を受けます。

展示風景

展示風景

とてもにぎやか。

この展示ですが、予想していたよりも
作品がうまくお店に溶け込んでくれたな、という感じです。

またやりたい。

似顔絵

こさん

簡単に描ける似顔絵といえば私の中ではこの人です。

小さん師匠は顔こそ柔和ですが、
剣道が得意だったせいか体格は良いですね。
もしくは、二度の兵役をくぐりぬけたせいかもしれない。

この人の滑稽噺が好きです。いつもCD聴きながら作業してます。

描き始めました

漫画

漫画のほうに着手した。
メモにひたすら書いていた噺がこないだ完成していたので、
それを漫画に起こしていきます。
pixivの漫画コンテスト締め切りに何とか間に合わせようと思います。
本当はこういう時期だしどうしようか迷いましたが…

そろそろ絵なども今までどおりアップしてゆきたいと思います。

句を捧げる



被災地への応援の意を句にした。
朝、バスの中で考えた。
手書きじゃなくて申し訳ない。

「ののくさの はなはかるるも みはおちて
       でいどのむつきに いだかれめぶく」

拙い句ですみません。
一応誤解無きよう書いておきますと、断じてネガティブな意味ではないです。

優しさを以って強く立ち上がる。そんなふうな意味です。

停電

計画停電により、今日は仕事は早仕舞い。
ヤフーのトップページから、計画停電の情報が見れるみたいです。

被害がひどい地域とはいまだ物資のやりとりや
正確な情報の交換が難しいのでしょうね。
安全なところに居る私らには、少しでもできることをやるより他はない。

絵のアップや展示レポートなどはもうすこしお待ちを。

一夜明けて

皆様ご心配ありがとうございます。
そして皆様もご無事で何よりです。
被災地域の方の無事と、亡くなられた方への冥福を祈りたいと思う。

--------------------------------------------------------------------
<↓災害時対処法の文を他ブログ様からコピペさせていただきました>
--------------------------------------------------------------------
これを読んだ方、可能な限りコピーペーストで広めて下さい


・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで。

・電話の使用は極力避けてください! 
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 
・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。
通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。

・ガスの元栓をしめてください。
ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。
・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
飲料水の確保もお忘れなく。
ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
絶対に見物などには行かないようにしてください。

・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。

・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。

・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも
簡易ヘルメットになります。
おなじように足に巻けば、履物になります。

以上、一人でも多くの方が、コピーペーストで広めてくれることを願っています

地震

皆様の無事を祈るばかりです。

展示最終日だったので表参道にいたのですが、
今まで経験したことの無いすごい揺れでした。
夫婦共に怪我等も無く、家の電気ガス水道など無事でした。
表参道から2時間少々かけて、休憩しいしい歩いて帰ってきた。
道路も渋滞して、バスもすし詰め、歩いたほうが早いような状態だった。
しばらくは電話は無理でしょうね。

売り声小噺

先日売り声のことを書きましたが、
ちくま文庫の落語百選に面白い小噺があったので
漫画にしてみました。

読み方

売り声小噺

面白い噺ですが、でも、古金屋って何を売るんですかね?w

ところでこの本ですが、墨絵の挿絵がたくさん入ってるんですが、
何とこの挿絵を描いているのが、志ん朝のお兄さんである
10代目金原亭馬生だということを知った。
有名な話ですが、この方の娘が中尾彬の奥さんの池波志乃さんです。
挿絵の落款には「馬生」の文字が。絵もうまかったんですね。

寿限無と九九

落語で一番、万人が知るところの有名な噺って何でしょうか。
やはり「寿限無」でしょうかね。
これは短めなので、前座噺の部類に入るのでしょうが、
暗記の芸と言えばそれだけですが、
シンプルだけに演者のうまさが出る噺だと思います。
じゅげむ

<寿限無・動画>

↑上方は桂春團冶師匠の「寿限無」。
私も聞いていたら覚えてしまいました。
一息に言うのもいいですが、調子をとりながら唄うように言うのが面白い。
場合によっては風来末が風行末とかだったり、多少の違いがあるようで。

寿限無と同じく、調子を取って覚えるものといえば、
掛け算九九があります。
言い方が変化に富んでいて、かつ、言いやすい。調子が良い。
普通に言えば、例えば「いちきゅうがきゅう」となりますが、
そこはやはり、日本語というものは「調子」を大事にしますから、
「いんくがく」と、スッキリいきます。
「はちはちろくじゅうよん」などと、のたのたしていない。
「はっぱろくじゅうし」と、語呂も調子も良い。
ひとつの数字に複数の読み方があるのも日本語の面白さだと思う。

九九というのは、wikiで調べてみたら奈良時代くらいからあるそうで、
中国から伝来したという説が強いようです。そんなに古いんですね。
私は気づいてなかったんですが、「ににんがし」の「が」の部分、
これが付く場合は、積が一ケタの場合のみなんですね。
言われて見ればそうだ。

私が小学生の頃、学研の学習の付録として、九九の歌のカセットテープが
入ってて、クラスのほとんどはこれを聴いて覚えたものです。
テストで一人一人順番に全部言わされました。
たまに、テープのメロディのまんま言ってるヤツがいたりして、
「あいつ、メロディに乗せないと言えないでやんの」とか
冷やかしたりしたものだ。

油彩転写

モノプリント

ちょっと昔の絵。油絵の具を転写した線画を水彩で着色。

今日は簡単更新ですみません。

flower

flower

PhotoShopで描いた。

今日は朝方ものすごい雪でした。
あっというまに何もかも綿帽子を被り雪化粧に。
まあ午後には溶けて消えましたが。

展示のほうは、昨日は絵描きの友達が来てくれ、
今日は専門学校からの友人が来てくれたようだ。
つくづく仕事で居れなくて申し訳ない。ありがたいことだ。
最終日の金曜日は、午後から居ると思います。

今日は本屋でこんなのを買った。

CD付きのやつ

小学館から出ているサライ編集の「三代目 古今亭志ん朝」。
最近よくあるCD付きマガジンです。
普段こういうのあまり買わないのですが、
志ん朝のこの二つの演目は聴いたこと無かったので、ついつい買った。
千円ちょっとした。志ん朝CDは中古でも1200~1500円くらいするので、
雑誌つきであればまあ妥当なところか。
「猫の皿」は、他の方のは聴いたことあります。良く出来た噺です。

PhotoShopで志ん朝の似顔絵描いてみた。

似顔絵

似てるかな?…どうだろう。

外の商い

落語の中には、様々な商い人が出てきます。
昔は店売りはもちろんのこと、往来で売り歩く商売が多かったようです。
今でも、たまにアイスとか豆腐とか、果物とかを売り歩いてる人がいますね。
ああいうのを見ると、まことにシンプルな商売で良いなあと思うのです。

私も実は以前、車で古本を買い付けに駆けずり回ったことがあり、
ああいうのは、ダンボールを担いで階段を何回も往復したりと、
体力的にかなりきつい反面、心地よい疲労感があり、
ひとつところで多人数と一緒に仕事をする時のような気苦労が無いのがまことにいいですね。
うかがった先なんかでお話を聞いたり、中にはお茶を出してくれたり、
私の細腕でふらふら運ぶのを見かねてか、手伝ってくれたりと、人情が感ぜられました。

昔の往来での商いと言えば、売り声はかかせないものでした。
様々な噺を聞いたり読んだりすると、実に様々なものがあって面白い。
江戸の売り声色々

豆腐屋のエーウーーイは、トーフーーイが変化したものだそうで、
これでもすぐわかったんだそうです。
屑屋さんは売るよりもどっちかというと買うほうですが、
噺家さんは くず~~~~い と、低い声で伸ばして言ってますね。
「井戸の茶碗」という噺で屑屋さんが出てきます。この噺面白い。
YouTubeやなんかで検索すれば動画があると思いますよ。

線描き部分はコピペです。手抜き。
色鉛筆風タッチで塗り絵してみた。

二人展初日。

外から見た図

今日は展示初日で午後1時過ぎからから夜6時くらいまで
cocoa leafに居た。
外から見た図の写真を載せておきます。
窓の向こうに吊る下がってる布絵は私のです。

中の展示風景の写真はまた後日載せます。
今日は私の知人妻の知人ふくめ何人か見に来てくださいました。
皆様ありがとうございます。
本当に感謝。
見てもらえるだけでも十分ありがたいのです。
さらに感想などいただいた日にはもう、
嬉しすぎてニヤニヤしてしまいます。

外から見た図

夜はこんな感じ。
奥のほうの絵が妻の作品。

搬入終わり。

今しがた搬入してきました。
明日から二人展スタートです。

*展示の詳細の記事はこちら。→  <クリック>

*展示するセレクトショップ「cocoa leaf」のサイトの
 展示内容の紹介ページはこちら。→  <クリック>
 
明日5日は午後からお店に居る予定です。

ああつかれた。

くたびれねこ

ことばのあそび

落語百選

ちくま文庫の落語百選。
今日読み終わった。何故季節外れの<夏>編なのかは、
気にしないでください。中古で見つけて即買ったので。

耳で聴いていた落語を活字で読んでみると、また違った楽しさがある。

というのも、落語には、ストーリーももちろん面白いのだが、
言葉遊び的な部分の面白さ、というのもある。
活字で読んでみると、聴いただけではよくわからなかった
洒落やひっかけなどがわかるのです。
例えば、「唐茄子屋政談」という噺で出てくる、
「菜の花や 向こうに廓(ちょう)の屋根が見え」という歌が出てくる。
これは、唐茄子を売り歩いている若旦那が、ふと裏通りに出てくると
目の前に吉原田圃(よしわらたんぼ)があり、その向こうには吉原の遊郭が
見える、その情景を前にその歌を口にするのだけど、
廓(くるわ)のことを俗にチョウと呼ぶそうで、蝶とかけているのです。
菜の花や、ときて、蝶じゃなく廓のほうだった、という言葉遊びなのです。
こういう細かいネタは耳で聴いただけではわからないし、
よしんば字で見たとしても、知識が無いとわからない部分がたまにある。
でも、そういうのを紐解いていくのが面白かったりする。
謎かけを出されるような、
そういう思考力を問われる部分も、落語表現にはある。

あとは、言葉遊びというと、「うーん、うまいなぁ!」と思う名文句が
とても多いですね。
最近聴いたのだと、「紙入れ」という、ご新造と間男の噺があって、
その冒頭に語られるのだが、
「他人の女房と枯れ木の枝は のぼりつめたら命がけ」というのがあった。
昔の人はうまい言葉を考えるなあ。

余談ですが、吉原は名の通り、
以前はあたり一面にヨシが茂っていたらしいのですが、
ヨシというのは葦(アシ)のことで、
葦(悪し)だと縁起が悪いので、
縁起担ぎにヨシ(良し)と言ったんだそうです。

日本語って本当に面白いと思います。

唐茄子屋

ねこ

猫

PhotoShopで猫。

何故だか最近毎日夢を見る。
今朝も、悪夢を見た。
40万円盗まれる夢。w
ちょっとの間、ある場所にカバンを置き忘れてしまい、戻ったときには
カバンの中身が散乱して、財布も落ちてて、中身をごっそり盗られていた。
ふと脇を見ると、今まさに犯人が黒塗りの車に乗り込み、走り去ったところであった。
なんでしっかりカバンを持っていなかったのか、という激しい後悔と、
とんでもない金額をうしなってしまったという絶望にさいなまれた。
…と、そこでアラームの音が鳴った。
目が覚めて心底ほっとした。

近頃不安な夢や、見知らぬ土地にいるような寂しい夢をよく見ます。
展示前に緊張する性質ではないが、
自分でも気づかず、気分が高まっているのだろうか。

たまにはこんなのを

なにもアップする絵が無い。
しょうがないので、昔作ったドット絵をアップしてみる。

ドット絵

葛飾北斎 富嶽三十六景 神奈川沖浪裏図

ドット絵

キリンビールのマーク

ドット絵

コロナエクストラ 王冠

ドット絵

カールスバーグ 王冠

ドット絵

ノザキのコンビーフ

ドット絵

サクマ式ドロップス

一時期はまっていまして、ドット絵や、
ドット絵のアニメーションなどを作っておりました。
身近な物のデザインをアイコンにしてみたりしてた。
自分では、北斎がお気に入りで、割とうまく再現できたと思う。
プロフィール

ノブヤ

Author:ノブヤ
■絵を描く人です。
つまらぬ日常の中、
せめて内より出づる創意を
絵等にしたためています。
お楽しみいただけたら
私はそれで幸せ。
*リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
絵や漫画の感想      絵のお仕事依頼など。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
pixiv投稿作品
twitter
(ツイッターアカウント)
リンク
このブログをリンクに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
access counter