器 買った。

おととい下北沢に漫画本を売りに行ったら700円になった。
丁度その金額で骨董食器屋さんで器を買ってきた。
螺鈿茶托

螺鈿細工の茶托。
螺鈿(らでん)というのは貝をはめ込んだ装飾のことです。
パールのような乳白色の中にほのかな色が見え隠れして綺麗です。
昔から抹茶を入れる棗(なつめ)や硯箱、文箱などの木工品装飾に使われています。
これは500円だった。

染付煎茶碗

染付の煎茶碗。ほんの少し欠けがあるからか、200円と安かった。
初期古伊万里なんかに比べたら、そりゃもう下手の下手なんだろうけど、
単純で素朴な飾らない筆致と、わずかだが若干古さを感じさせる肌が良い。
これは残り予算で茶托に合うサイズのを適当に選んだという、
オマケな感じで買いましたが、使ってたらちょっと気に入ってきました。

セット。

乗せてみた。
最近冷えるから、温かい緑茶がうまい。
スポンサーサイト

「東海道五十三次」2面まで

stage2

ゲーム「東海道五十三次」2面まで出来ました。
まだまだ途中ですがよければ遊んでください。
自分自身がアクションゲーム下手なほうなので難易度設定難しいですが、
何かコメントありましたらぜひ。
*ちなみに一番下のリンク先のほうが大きい画面で遊べるので、
 どっちかというとそちら推奨。上のプレイ画面は少し小さめなので一部見づらい。

「z」…刀で攻撃
「x」…ジャンプ
「←→」…左右移動
「↓」…しゃがむ
・おむすびおむすびを取るとライフアップ
・道祖神道祖神を取ると小得点
・各地の名産品を取ると高得点



大きめ画面でプレイ
→ 東海道五十三次

*「ニコゲー」は閉鎖になりましたので、今はあそべません。

日記漫画その16

日記漫画16

せめて国会議事堂前「駅」と書いてくれたら
まだわかりやすいか。
メールを見て0.5秒ほど↑のような想像をしてしまった。

墨絵PhotoShop彩色

stream

墨絵リメイクその2。

NHKの番組「ブラタモリ」を見た。
今回は上野不忍池界隈の散策回だった。
(正しい読みは「しのばずのいけ」です。「しのばずいけ」で変換できなかった。)
以前私は根津に住んでいて、もろに動物園と不忍池の近くでした。
だので、見ていてなつかしかった。
不忍池は、妻と散歩したり、骨董市へ行ったりと、よく行った場所だ。
上野とか根津とか谷中とか、あそこらへんは文豪の街だけあって、
なんだか雰囲気が落ち着いていて好きだった。

墨絵猫(PhotoShop彩色)

ねこ

墨絵の猫の絵に色を付けてみた。
そろそろアナログの絵が描きたくなってきた。

私の場合、キャンバスよりも紙の作品が多い。
紙作品は保管にかさばらないので良いのだが、
でも展示するとき額縁が要るのが難点。
板パネルやキャンバスはかさばるが、反面展示の際は釘を一本打って
引っ掛ければいいので楽。どっちもどっち。
色々な素材を試みてきましたが、紙か板が一番好きだなあ。
しっかとした安定感があって。
キャンバスというのはどうも、布を張っただけという、その存在の
あやふやさがどうも好きになれない。
わけのわからないこと書いてすんません。

苔

雨が降った後の苔は何故こんなにも美しいのか。
ビロードの光沢のようにたくさんの表情をうかがわせる緑色。
エメラルドのように綺麗だ。
私はこの美しさに少しでも近づけるくらいの絵を描きたい。
自然の美には近づけないかもしれないが、
それでも絵を描くものとして、足掻こうとしてみたい。

ゲーム用のスケッチ

ゲーム用のスケッチ

ゲーム作りにはまってしまった。
今日は特にアップするものも無かったのでこんなんになったが、
いつもどおり絵もアップしていきますよ。

さっそくプレイした方からコメント等あり、嬉しい。
まだまだ京都三条大橋まで長いが、次のステージも早く作りたい。
全部で4、5ステージになる予定。更新したらまたアップします。
最初は53ステージ作ろうかとも思ったのですが流石に無理でした。
ゲームを作るにあたって、
東海道五十三次に関するものをウィキなどで調べ中です。
各地の名産品なんかをもっと増やしたいと思います。
実際に53の宿場を経由しつつ東海道を歩いている方の
サイトなどもあり、参考にさせていただいた。

昔は乗り物など無く、移動手段といえば馬かカゴか、歩きだもんな。
旅といえば歩くんだから、そうとう用心をして旅をしていたんだろうな。
私が最近一番歩いたのは、飲んだ帰りに電車が無くなり、
一時間半かけて自宅まで歩いて帰ったときぐらいだが、
翌日即体調壊したしなあ。昔の人はすげえや。

アクションゲーム「東海道五十三次」

またまたゲーム作ってみた。今度は割りと本気で作りこんでみた。
とは言っても凝ったのはビジュアルで、難易度についてはゆるめかも。
簡単すぎるよ!と思った方、すみません。改善するかもです。

------東海道五十三次------

・日本橋から京都三条大橋まで目指すゲーム。
とりあえずステージ1として、三島宿まで。
自機をあやつって、道中の獣や盗賊を倒しつつ、
制限時間内に三島宿の旅籠(はたご)にたどり着け!
「x」キーでジャンプ、「z」キーで刀で攻撃。
カーソルキー↓でしゃがみ、←→で横移動。
道祖神道祖神を取ると小得点、おむすびおむすびを取るとライフアップ。
その他、各地の名産品を取ると高得点。



大きめの画面でプレイ↓
東海道五十三次

*「ニコゲー」は閉鎖になりましたので、今はあそべません。

「鳥男」

鳥男

ペン画デジタル彩色です。
色塗ると重厚感が増します。
過去作リメイクばっかじゃなく新作も描きたい。

日記漫画その15

日記漫画15

日記漫画15-2
人それぞれの "ALL RIGHT " 。

ポイントは「オーッライーッ」の「オーッ」と「ライーッ」の間に
一拍置くところです。

ぐりぐりと。

フリードローイング

あっさりフリードローイング。
一筆書きです。

しまった、絵を描いていてNHKのブラタモリ見逃した。
がっくし…
再放送あるんだけど、夕方だから見れんのよね。

ゲーム作ってみた

ニコゲーというサイトが面白い。
簡単にゲームが作れるので、ためしに作ってみました。
ささっと作ったのでクオリティは…ですが、
よければ遊んでみてください。

--buzz shoot--
シューティングゲーム。
自機をあやつってプレイ。
x キーで弾を撃ち、カーソルキー↑↓→←で操作。
せまりくる敵を倒しつつ、弾を避けつつ進む。
パワーアップを取ると弾がパワーアップする。
ボス
最後のボス↑を倒せばクリア。


短くてわりかし単純なゲームですので暇潰しにでも。

もうちょい大きな画面でプレイしたい方はこっち。
→ buzz shoot

*「ニコゲー」は閉鎖になりましたので、今はあそべません。

安堵アンド感謝



「ねこの食堂」好評のようで安堵しております。
ピクシブにアップしたところ、ブックマーク&コメントを幾つかいただき、
恐悦至極にございます。
イメージが膨らんだら続くかもしれないです。

1ページから2ページの日記漫画ならちょちょいのぱっですが、
多頁の短編漫画を描くと、休日の時間がかなりの割合でつぶれてしまう。
最近は妻が外出に誘っても漫画描いてアップ作業をしてるので、
何とか妻の不機嫌を直すべく、次の休みにはどっか行こうかと思っている。
 でも仕事をしていると、現実逃避的思考からによる、くだらないアイデアが
むくむくと湧き出てくるのです。

CD買いました。

ケニー・ドーハム
「ケニー・ドーハム/ホイッスル・ストップ」
アフロキューバンという中米ラテン音楽の流れを組むジャズの代表トランペット奏者です。
このアルバムは生地であるアメリカ中西部をテーマにしているみたいで、
ちょっと毛色がちがうようですが、メロディーがとにかく美しいです。

ソロモン・バーク
「ベスト・オブ・ソロモン・バーク」
一曲だけしか聴いたことなかったんですが、その曲がとても好きで、
パワフルな歌声だなーと最近ずっと気になっていた。
(ソウル・クランというユニット時の「ソウル・ミーティング」という曲が好き。)
そんな折、先週ニュースで亡くなったことを知り、
中古で見つけ、買って聴いた。力強くてノリノリですなあ。

漫画 「ねこの食堂」

読み方

catsrestaurant01

catsrestaurant02

catsrestaurant03

catsrestaurant04

catsrestaurant05

catsrestaurant06

catsrestaurant07

catsrestaurant08

catsrestaurant09

catsrestaurant10

catsrestaurant11

catsrestaurant12

短編漫画です。続くかどうかは不明。
残念ながらフルカラーは労力的にも時間的にも、断念。
最初の2ページ以外モノトーンにちょこっと色付けという感じにした。
予想以上に描いてたらページが増えたので。
店主のキャラは妻のお気に入りで、随分前から描いていたのですが、
一度ちゃんと作品にしてあげようと思い、話を考えた。

それにしても魚の骨への猫の食いつきっぷりは凄まじいものがある。
実家で以前飼っていた猫も、バリボリ音をたてながら
鯵の骨にむしゃぶりついていた。
そんな光景を思い出しながら描いた。

catsrestaurant13

下にブログランキングのボタンを設置してみた。
よりたくさんの人に見てもらえると良いなあ。

漫画描いてた

仮面

今日は漫画を描きあげた。明日アップします。
うーん、今日中に色塗ってアップしようと思ったけど無理だった。
ペンタブレットをずっと握っていたので手が痛い。湿布を貼っている。

今日の絵は、油絵の具を転写したものに水彩です。何年か前の。

「空中楼閣」

空中楼閣

ペン画にPhotoShop着彩。
モチーフを融合させるのが好きなので、建物みたいだったり
植物っぽかったりします。
原画はモノクロの線だけです。
こういうのを塗るとき、ペンの線の邪魔にならないよう、
色を押さえるべきか、塗りこむべきか悩む。
いっそのこと、線画を意識的にトレースしながら別紙に水彩で色を塗り
2枚をレイヤーで重ねたら面白いのかもしれない。
版画のように何通りもの組み合わせができて遊べそうです。

昨夜アップできなかったので今日は早めに更新。

sainome

今日帰宅途中道路工事をしていた。
でっかい丸い鋸でシュゥイーーーンと轟音をたてながら、
道路にさいの目の切れ込みを入れていた。
音の五月蠅さに眉をしかめつつも、小気味良くアスファルト道路が
スッパリ切られてゆく様は、興味深かった。

以前初めて個展をしたとき、絵をおさめる額縁を全然持っていないのに気づき、
買うよりは作ったほうが安上がりだろうと思い、自作したのだが、
そのとき角材を45度に手で切るのが難しく、
電動丸鋸を本気で買おうかどうか悩んでいた。
結局買わなかったが、知り合いのプロの彫刻家さんですら
鋸で指を一本落としているのに、
ドジな自分がそんなものを使っていたらと思うと、
すごくぞっとする。

ところで唐突ですが漫画のコーナー。

さいの目

さいの目で思いついた。ハイ、くだらねーくだらねー。

「クラウン」

クラウン

絵を整理してたら水彩画が出てきたのでアップ。
道化師です。
イラスト投稿サイトにアップしたところ、
シャーマニズムに通ずるものがありますね、とのコメントをいただいた。
言われて見ればシャーマン(呪術師)の儀式装束みたいですね。
元をただせばファッションというのは自分の気持ちを変えるためのものでもあり、
それを身にまとうことによって自信を付けたり、高揚させたりするのだから、
一種の暗示的な、呪的なものなのである。

素描画2点(PhotoShop彩色)

リビドーマシーン
「リビドー・マシーン」

彷徨う
「彷徨う」

3年前くらいの作だろうか。塗ったのは昨日だけども。
ちょっと暗かったっすね。
オディロン・ルドンなんかがこの頃好きだった。
上のは絵を描く根源的衝動が感じられるかなーと思い、こんなタイトルにしてみた。
下のは自分の不安心理が出てるかなーーと、思う。

たまには珍しく、絵についての説明をしてみた。
私は基本的に自由に絵を見て欲しいので、あまり描き方以外の説明については
しないのですが、人によっては「これはこーゆー絵だよ」って観念づけてもらったほうが
いい、という方も個展などやっていると何人かおられます。それもまた自由。

鳥 PhotoShop彩色

鳥

以前アップした墨絵の鳥の絵を取り込んで色をつけてみた。

鳥(朱色ver)

こっちは朱色バージョン。
大きいサイズでスキャンすれば筆のタッチなど損なわず
空白を指定して透過できる。縮小してからだと粗くなる。
過去作をこんな感じにリメイクするのもおもしろい。


昨日は仕事帰りにCDを買った。

ファラオ・サンダース/ブラック・ユニティ

「ファラオ・サンダース/ブラック・ユニティ」
この人の音楽はジャズにアフリカンミュージック要素をミックスしたような
感じで、まさにアルバムタイトルが音楽性をそのまま表しています。
民族音楽的なグルーヴが響いてきます。

偶像と群像

偶像

群像

墨絵とアクリル画。
似通ったモチーフの絵をセットにしてみた。
何とか日付変わる前にアップでけた。

歩み寄る



ブログツールでカラフルなの描いてみました。

スクーター

スクーター

最近はスケッチブックの落書きを取り込んで
色塗っています。
落書きって、力が入ってないから、たまに面白いのとか
描けちゃいます。
落書きのままスケッチブックに収められたままでは可哀想なので
こんな感じでたまにアップします。

でぶねこ

でぶねこ

昨日は風邪ひいて寝た。
しこたま寝たら体がものすごく軽い。休むって大事。
このところずっと体の重さを感じていた。
疲労やら何やら蓄積していたのやも。

デブ猫を描いてみた。
どっしり重いか、風船のように軽いかはわかりませんが。

がらくた市

印判煎茶碗

今日は阿佐ヶ谷新明宮でやっていた、がらくた骨董市に行った。
安い掘り出し物でもあればと思ったが、
良い物はやはり高かった。
何も買わないのもつまらないので、300円の印判の
小さい煎茶碗を買った。ぐい呑みにも使える。
古さを感じる白釉の肌も良いし、釉が一部かかっていない、
びわ色の素地が見えてるのなんかも趣深い。
あと、2個で500円という言葉に釣られて、辰砂釉のぐい呑みも
セットで買った。こちらは深い赤色でいい色だが、
いかんせん新しいもので、高台部分の土色がきれい過ぎ、使い込む必要が有る。

図柄模写

図柄を描いてみた。

日記漫画その14

読み方

日記漫画14

日記漫画14-2

過去にこういうことがあったんでしょうか。

バスの運転手ってぶっきらぼうな人や、すごく丁寧な人まで様々です。
あと、バス停で乗り過ごしても、信号とかで降ろしてくれたり、
わりと融通がきく場面もあります。
プロフィール

ノブヤ

Author:ノブヤ
■絵を描く人です。
つまらぬ日常の中、
せめて内より出づる創意を
絵等にしたためています。
お楽しみいただけたら
私はそれで幸せ。
*リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
絵や漫画の感想      絵のお仕事依頼など。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
pixiv投稿作品
twitter
(ツイッターアカウント)
リンク
このブログをリンクに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
access counter