スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔

雨が降った後の苔は何故こんなにも美しいのか。
ビロードの光沢のようにたくさんの表情をうかがわせる緑色。
エメラルドのように綺麗だ。
私はこの美しさに少しでも近づけるくらいの絵を描きたい。
自然の美には近づけないかもしれないが、
それでも絵を描くものとして、足掻こうとしてみたい。
スポンサーサイト

苔の芸術

芸術状物質の謎

今日は阿佐ヶ谷のギャラリー香染美術に、飯村照彦さんの
写真展「芸術状物質の謎」を見に行った。
錆とか苔とか、路上にある「芸術のようなもの」を撮っている方。
すごく面白くて、創作意欲をかきたてられた。
路上にあるものを写真におさめることで、まるで絵画作品のようになる。
モノと芸術、その狭間の妙味が趣き深い。
一番面白いのはその飯村さんの着眼力と想像力であろう。
飯村さんと久しぶりにお会いし、作品を見ながらあれこれ話していた。
錆びた柱の色合いが、まるで焼き物の紅志野のようであったり、
砥石の鉄粉の写真なんかも面白かった。山水画みたいに見えた。
イマジネーションがブワーと出てくる。
20日までやってるそうですので是非どうぞ。見ないと損ですよ。

苔の美術
というわけで私のも。前に撮った苔の美術をアップしてみる。
私の実家の井戸の側面にある、苔と、ヒビのようなもの。上のは井戸の蓋。
これすごく好きです。まるで雲の中を稲妻が走っているみたいで。
先日絵画的な道路のコンクリートの写真をアップしましたが、
たまにこういう路上芸術的写真ものせていこうかなと思います。

あと、飯村さんに最近個展はやらないのかと聞かれ、弱った。
個展などの活動は最近やっていないが、少し考えてみるとするか。

路上の絵画

コンクリの絵画

路上写真を、根津に住んでいた頃撮りまくった。
上の写真はその頃撮ったもの。
年月を経たコンクリートの重なった層が渋い表情を見せ、苔が彩りを添える。
まるで絵画のようじゃないか!と思いシャッターを切った。
プロフィール

ノブヤ

Author:ノブヤ
■絵を描く人です。
つまらぬ日常の中、
せめて内より出づる創意を
絵等にしたためています。
お楽しみいただけたら
私はそれで幸せ。
*リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
絵や漫画の感想      絵のお仕事依頼など。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
pixiv投稿作品
twitter
(ツイッターアカウント)
リンク
このブログをリンクに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
access counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。